5)残業もせず帰ろうとするアジア人部下にたいしてあなたは? -2014/02/02 

A 「残業」の必要性を丁寧に諭し、残業を命じる。

B 「残業しない理由」を丁寧に聴き、「気を付けて帰ってね」と帰らせる。

正解 B

「残業しない=やる気がない、仕事を軽く見てるのではない」

日本人は「残業しません」という部下にたいし無条件に悪い評価をすると思います。それは日本人が日本社会で知らぬ間に身につけた価値観といえます。「自分のことより企業のため」「家庭もかえりみず」といったものです。

であるならば、外国人にもその国で知らぬ間に身につけた価値観が当然あります。

「企業より自分」「なにより家庭が優先」といったものです。

「価値観」とは「どちらが正しい、間違ってる」で考えるものではありません。まずその人の価値観を否定せず聞くこと、つまり「残業しない理由」を丁寧に聴き、理解しようとする姿勢がなによりも大切です。

そんな相手の価値観を尊重する姿勢のみが、残業はしないかわり定時内での仕事の精度をより高めることになり、「どうしても残業が必要なケース」そんなときに「わかりました。あなたが頼むのならやりましょう。」とあなたを尊重する姿勢を引きだせるのです。


Tags│

チェックリストの回答はこちらから!
マネージングトレーナー 平松克理 プロフィール
マネージングトレーナー 平松克理 ブログ
お問合せ

Fan_ManagementのTwitter

▲このページの先頭へ