~海外5つ星ホテル元マネージャーが教える~ 外国人を一瞬で動かす「初対面でのグローバルビジネスマナー+α」 -2015/01/07 

 

「初対面」において日本人同士が信頼するビジネスマナーと、

外国人から信頼を得るビジネスマナーには

実は「ギャップ」があるのをご存知ですか?

「外国人との初対面でどう振る舞ったら信頼され、動かせるのか知りたい」そんな方限定のセミナーです。

 

~海外5つ星ホテル元マネージャーが教える~

外国人を一瞬で動かす「初対面でのグローバルビジネスマナー+α」

=====================

 

「日本人は礼儀正しく、誠実。しかし、一線を画した振る舞いには距離を感じてしまい、

熱意や本気度が正直伝わってこない。ビジネスパートナーとしてどこまで信頼でき、

信頼してくれてるのか?実はかなり不安。。。」

 

これはわたしが海外の5つ星ホテルのS&Mマネージャーとして働いていたとき、

日本人クライアントをもつ同僚の外国人マネージャーたちから聞かれた共通のホンネです。

 

 

「初対面での第一印象がカギ」外国人とビジネスをする上でもその鉄則は変わりません。

 

ただ、日本人が善かれと信じている「一定の距離を保ち、礼儀を尽くすビジネスマナー」が、

実は外国人には好印象のみで、「あなたとならパートナーになりたい」そう強く動かす「+α」が欠けている現実!

 

わたしは14年海外5ヶ国ですごし、世界最大手のホテルグループ、

5つ星ホテルのS&Mマネージャーとして「30ヶ国籍」以上の外国人スタッフ、クライアントと関わってきましたが、

 

「外国人との初対面で、日本人同士のようには振る舞っていては彼らを動かせない」

そんな「+α」を痛感させられたひとりです。

 

そんな実体験から、

「外国人が信頼をよせる振る舞いのポイント、そのマインドとは?」

「日本人がいかに距離を縮め、外国人を動かせる具体的な振る舞いとは?」

 

その答えをひとりでも多くの方々に今すぐ知っていただき、外国人を一瞬で動かす振る舞いをマスターし、

「今すぐ外国人とアポをとろう、来週には商談に臨むぞ」そんな決断力と実行力を後押しできたら!

そんな願いでこのセミナーを企画しました。

 

「メッセージ」

「じぶんの世界を広げたい」そんな共通の目的を持つ「同志」に出会えるセミナーです。

「名刺交換OK」「仕事のPR歓迎」わたしも同志の一員です。

ただ学ぶのではなく、「共に変わりましょう!!」わたしにそのサポートを全力でさせて下さい。

 

「セミナーの内容」

外国人との初対面におけるグローバルビジネスマナーの肝である

*「アイコンタクト」

*「握手」

*「自己紹介」

それらのギャップ、+αを理解し、海外初心者でも実際のワークを通して基本的、

かつ実践的な振る舞いが必ず身につきます。

 

「こんな方大歓迎」

☆海外出張などで外国人と会う機会があるがなんとかやり過ごすだけの方。

☆外国人との初対面でどう振る舞っていいか全くわからない方。

☆商品、サービスには自信がある。初対面で信頼をゲットし自分が付加価値になりたい方。

☆海外経験ゼロ!でも外国人とビジネスをしてみたい方。

☆国内で外国人とのビジネスをもっと拡げていきたい方。

☆将来、外国人と働く予感がする学生の方

 

 

日時     : 2015年 1月25日(日)13:30~15:30 

場所     : 「栄メンバーズオフィスビル」ミーテンィグルーム4 4F

          http://www.sakaem-office.com/index.html

 

費用     : 一名様3000円 (1月15日までにお申し込みの方2000円)

         当日会場でお支払ください。領収書必要の方事前にお知らせください。

 定員     : 6名

講師     : 国際ビジネスコミュニケーショントレーナー 平松克理

         プロフィール:http://fan-management.biz/profile

 

資格      : 米国NLP協会認定プラクティショナー、マスタープラクティショナー
                               JIPCC認定コーチング研修インストラクター

お申込み方法: 下記のメールアドレスまでお申込みください。後日こちらからご返信いたします。

お問い合わせ : katsuri463371@gmail.com

 


Tags│

チェックリストの回答はこちらから!
マネージングトレーナー 平松克理 プロフィール
マネージングトレーナー 平松克理 ブログ
お問合せ

Fan_ManagementのTwitter

▲このページの先頭へ