海外勤務でうつ病を経験した男のホンネ 「海外駐在員が5年間うつにならずに働くための3ヶ条」 -2015/05/02 

海外勤務でうつ病を経験した男のホンネ

海外駐在員が5年間うつにならずに働くための3ヵ条

——————————————————————————

「わたしは海外勤務9年目にうつ状態になり、

うつ病患者として帰国を余儀なくされた」

 

 

わたしはアメリカ、ベトナム、中国において

10年にわたりアメリカ企業の多国籍軍のなかで、

 

「唯一の日本人」という環境でマネージメントとして働いていました。

 

元々わたしは自らの選択、意思で海外へ行き、

10年間企業で働く前にイギリス、スイスで4年間留学を経験したこともあって、

 

言葉の不安もまったくなく、多国籍、異文化の環境、習慣にも

苦労はしながらも順応し、なに不自由なく働いていたのです。

 

そしてなにより、

 

「職場では現地スタッフにも常に慕われ、

数字や結果もちゃんと出していました。」

 

つまりわたしは、

 

「誰が考えてもうつになる原因なんてなさそうなのに発症したのです。」

 

 

みなさん、ここで「アレっ?」と思われませんか??

 

「自らの意思で海外へ行った人間なのにうつ病になるの?」という疑問。

「13年間も既にうまくやってたベテランがなぜ急に??」という矛盾。

 

「じゃあ、自分の意思でなく企業命令で駐在させられる人が、

うつになる可能性(危険性)はかなり高いのでは?」という不安。

 

今回のこのセミナーではそんな疑問、矛盾、不安にホンネでお答えします。

 

「なぜうつ病になるのか?」そのきっかけ、メカニズムと同時に、

 

「現地に慣れ、順調に結果を出していても突然うつになる現実」

「じゃあ、どうしたら駐在5年間うつにならずに働けるのか?」

 

そこを包み隠さずホンネで語ります。

 

 

わたしは「メンタルヘルス」の専門医ではありませんが、

うつ病を経験してない専門医とは違う視点、レベルで、

 

「うつ病経験者」として語らせていただき、

わたしの経験が少しでもお役に立てたら嬉しい

そんな願いがこのセミナーの動機、目的です。

 

少人数(定員6名)というメリットを活かし、

 

なかなか聞きづらいうつ病というデリケートでネガティブな問題にたいして、

「大胆かつポジティブに一緒に考える場」をお約束いたします。

 

———————————————————————————————————-

 

こんな方大歓迎です。

*海外進出を予定している企業の「人事担当」の方

*海外駐在の辞令がでた、もしくはでる予感がする方

*うつになった駐在員がいる。でも本人には聞けず対策を打てない人事担当の方

*「大切な社員を海外でうつにさせたくない」と本気で願う責任者、担当者の方

*「将来海外で働きたい」でもうつ病に知識のない学生の方

*家族が駐在する。うつにならない方法を教えてあげたいご家族の方

 

セミナーの内容

・「駐在員が5年間うつにならずに働くための3か条」

・「こんな人が早い段階でうつ病になりやすい??」

・日本側(本社)にどんなサポートができるのか?

 

———————————————————————————————–

 

日時     : 2015年 5月16日 (土) 10:30~12:30

 

セミナー料金 : お一人様 3000円 (GW中にお申し込みの方2000円)

 

定員     : 6名

 

お申し込み方法: katsuri463371@gmail.comへメールで直接お申し込みください。

(領収書が必要の方申し込み時にご連絡ください)

 

場所     : 栄メンバーズオフィスビル5階 ミーティングルーム3

名古屋市中区栄4-16-8

「Fan Management」というドアの貼り紙が目印です。

http://www.sakaem-office.com/index.html

 


Tags│

チェックリストの回答はこちらから!
マネージングトレーナー 平松克理 プロフィール
マネージングトレーナー 平松克理 ブログ
お問合せ

Fan_ManagementのTwitter

▲このページの先頭へ