外国人を雇用したい経営者限定コンサル 「超多国籍企業 マリオットに学ぶ 多様性を活かせる職場文化のつくり方」 -2016/11/03 

「外国人を雇用している、したい」そんな経営者にこんなお悩み、不安はありませんか?

✔日本人と価値観や常識がちがうので衝突する、しそう

✔逆に、お互い距離を置くだけで、意見を交わさない

✔日本のやり方に合わそうとするだけでは雇った意味がない

✔逆に、自分勝手なやりかたばかりで、協力しようとしないのも困る

✔ちゃんとホウレンソウしてこない、しなさそう

✔「言語」に壁があり、意思疎通がうまくとれない、とれなさそう

 

「多様性を職場に活かし、生産性を上げよう」とせっかく外国人を雇った、雇うのに、

職場の雰囲気が、コミュニケーションが悪くなってしまった!(悪くなるかも)

そんな悩み、不安を解決するためのコンサルティングです。

 

マリオットインターナショナルは世界110ヶ国、5700軒いじょう展開し、

いまでも成長し続けている、世界最大手アメリカのホテルグループです。

 

GMはアメリカ人、ドイツ人、部長はイギリス人、オーストラリア人、フランス人

同僚はシンガポール人、香港人、ベトナム人、中国人などなど、

「わたし以外は100%外国人(わたしも職場では外国人ですが)」

そんな超多国籍チームの一員、マネージャーとして10年いじょう働いてきました。

 

マリオットの職場で驚かされ、感動したのは、

お互い価値観や常識がちがい、我のつよい人間の集まりなのに

各々の多様性が「壁」にならず、「チャンス」に変え、活かされていたこと

 

「じぶんのやり方を、一方的にあいてに押し付ける」そんなことはなく、

逆に、「あいてのやり方に、じぶんが一方的に従う」そんなこともありません。

「お互いおなじ人間だ」という「対等感」と、

「ひとりの人間として」そんな「尊重」を大切にしていました。

それは上司と部下の「上下関係」にたいしても同様でした。

 

「従業員を大切にしなさい。そうすれば従業員はお客様を大切にしてくれる」

これはマリオットの創始者の揺るぎない信条です。

マリオットマン(マネージメント陣)は、つねにこの言葉を胸に刻んで部下に接します。

 

わたしがマリオットで学んだのは、

「お互いひとりの人間としての対等感、尊重をもって接するから

強固な人間関係、信頼関係の土台がつくられる」

そんな土台ができて初めて、

「多様な考え、やり方も、お互い受けいれられる余裕が生まれる」

ということです。

 

たとえば、職場で中国人の部下に、

「中国ではこうやるんです。どうですか?」そう意見された場合、

「おまえにそんなこと言われたくない(壁)」となるのか?

「おまえが言うならやってみよう(チャンス)」となるのか?

その違いは、意見の内容の良し悪しではなく、

ただ単に、「中国人部下と人間関係、信頼関係があるのか、否か?による」ということです。

マリオットではつねに「後者」になるのです。

 

 

「こんな職場なら多様性を活かせる」そこを目指してコンサルします

★上司にも恐れず意見が言える職場

★「おまえが言うならやってやるよ」そう言い合える職場

★人間関係に悩まず、だれも辞めたがらない職場

★朝、出勤するのが苦痛にならない職場

★新人がすぐ溶け込め、すぐ力を発揮できる職場

「このひとはじぶんの味方だ」お互いそう実感できる職場

★「One for All」だけでなく、「 All for One」そう「個」にも連動できる職場

★日本人どうしのジェネレーションギャップも感じさせない職場

 

「マリオットで実践されていた具体的なコミュニケーション方法」

リーダー向けにトレーニングいたします。

☆外国人とどう呼び合うか?

☆外国人とどう挨拶するか?

☆外国人をどう褒めるか?

☆外国人にどう指示命令をだすか?

☆外国人にどうフィードバックするか?

 

マリオットで日々実践されていたコミュニケーションの秘訣は、

じつはどれも「超シンプル」なものでした。

ところが、

日本人にとっては「超非常識」といえるものでした。

しかし、

どこの国の常識にも縛られず、独自の常識を大切にしているからこそ

マリオットは超多国籍企業として、いまでも成長できるのだと思います。

 

わたしが中国のマリオットで働いていたとき、

日本並みにストレスフルな職場の人間関係に悩み、

すぐ転職してしまうことが「常識」で有名なあの中国人にですら、

「この職場は中国では非常識だ!だからゼッタイ辞めたくない」

ホンネとしてそう言わせるほどでした。

 

外国人であろうと、日本人だろうと価値観、常識のちがいに関係なく、

「こんな職場だったら思いっきり働けるのに」

そんな願いは「ひとりの人間」として共通しているのではないでしょうか?

 

「多様性を活かせる職場をつくるなら

日本従来の常識なんて変えてやる!」

そんな情熱をもった経営者を、情熱をもって応援したい!!

心からそう願ってのコンサルティングです。

 

コンサル費用 : 1回(2時間ほど)3万円 (交通費等別途)

コンサル回数 : 3~5回(お悩み、ゴールに応じて相談)

申し込み方法&お問合せ

katsuri463371@gmail.comにメール、または080-3628-7125までお電話ください。

直接伺い「無料カウンセリング(1回)」をいたしますので、

解決したいお悩みや、ゴールをぜひお聞かせください。

 


Tags│

チェックリストの回答はこちらから!
マネージングトレーナー 平松克理 プロフィール
マネージングトレーナー 平松克理 ブログ
お問合せ

Fan_ManagementのTwitter

▲このページの先頭へ