「海外に行きたい人」「海外に行かせたい人」 その2 -2010/07/20 

人間は意識と無意識を持っていて、比率は諸説あるけどだいたい1対9、つまり無意識が圧倒的で、その人の行動も無意識が決定していると言われる。

そして人間はその無意識レベルが決めた「出来る範囲の枠」を持っていて、定めた目的、目標がその枠内だと自信を感じ、容易に達成できる。

ニートに「明日から朝早く起きて、スーツ着て、仕事に励め」と命令しても、その枠外にあるから、やろうとはしない。

じゃあその枠外にある目的、目標は達成しえないのかと言うとそうではない。

「人間の可能性は無限だ」と言われるが、厳密ないい方として、
「人間のするイメージは無限だ」と言えると思う。

実際イメージは果てしなく自由だ。
そして何より、そのイメージを膨らませる原動力となるのは「~したい」「~やりたい」というエネルギー。

スポーツ選手がよくする「イメージトレーニング」でも「出来るプレーの確認」するイメージもあると思うが、
今出来る範囲内かどうかより、「やってみたいプレー」をイメージする事が多いと思う。

つづく


Tags│

チェックリストの回答はこちらから!
マネージングトレーナー 平松克理 プロフィール
マネージングトレーナー 平松克理 ブログ
お問合せ

Fan_ManagementのTwitter

▲このページの先頭へ