海外駐在員が抱える「5つの悩み」 -2012/07/24 

ある研究データによる、「海外駐在員の抱える主な悩み」です。

1、日本側(本社)の現地への無理解

2、赴任後、部下の急増など職務の増加

3、現地の治安、インフラの遅れ

4、子供の教育面など、家族の問題

5、現地での「異文化」によるコミュニケーションの問題


わたしも現地で駐在員のかたとお話をする機会がたくさんあり、

同じような悩み、グチを聞くことが多かったです。

 

注目してみると、あることに気づきます。

 

「1」~「4」の問題は

「自分ひとりでは変える、改善することが困難」だということ。

 

「1」,「2」は、企業の事情、経営陣の問題であり課題です。

「3」はその国の事情、問題です。

「4」も、現地の教育水準、生活水準の事情、問題です。

 

しかし、最後の「コミュニケーションの問題」だけは、

 

「自分が意識して、みずから取り組み、改善できる唯一の問題」

ではないでしょうか。

 

自分ひとりで企業、その国、社会の問題を変えることは
出来ないかもしれません。

 

だけど、自分のコミュニケーションは自分で変えることができますし、

 

そしてなにより、自分のコミュニケーションを変えることにより、

職場などの人間関係にも変化が必ずおきるはずです。

あらためて自分の仕事の意義を実感し、気持ちがたかぶりました。

 


Tags│

チェックリストの回答はこちらから!
マネージングトレーナー 平松克理 プロフィール
マネージングトレーナー 平松克理 ブログ
お問合せ

Fan_ManagementのTwitter

▲このページの先頭へ